FC2ブログ
Luteaの庭
庭・アウトドア・サッカー(バレンシア限定)などなど。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
友と蒜山
dc092631.jpg
蒜山行ってきた。
東京の我が友から連絡があったのは、一週間ぐらい前。
「そっちに行ったらどんぐらい遊んでもらえるのかしら。」と。

我が家1泊、蒜山1泊の2泊3日計画を提案してみたのが、木曜日ぐらい。
待ち合わせ場所のみ決定し、金曜日・土曜日は連絡無し。
で、会う約束の土曜日の昼頃、さすがに今どこですか?と連絡してみたら、
「只今新幹線です。」と、ホントにこっちに向かっていること判明。

という我ら、全く段取りとか計画とかをたてない2人組。
2人で旅をすると、ネタに事欠かないのであるが、今回もいろいろあったことよ。

dc092625.jpg
遊歩道を歩きに行って、「どーして私達ってこーゆーことになるの~???!!!」
と絶叫中の友人Y。
私は後ろで大笑い中。うはははは~。ごめんごめん。

どうぞこちらへ・・・!と、満面の笑みで誘っている怪しげな階段に誘われ、
「ちょっとこの階段急すぎませんか?おかしいですね??」と、2人して言いつつも
どちらも止めない太刀なので、2人してずんずん進んでいって、やっぱり間違っていました、
ということになった顛末の図↑。

「私はちょっとこっちから降りてみます・・・」と道無き道を下るも、
階段の方がまだマシだった!と判明して、しかしもう今更どうにもこうにも・・・
進退窮まりました・・・大泣!な友人Y。
しかしねー、もんのすごい急だったわぁ、あの階段。
踏み幅15cmぐらい?落ち葉と苔と草で、すべりまくり。
上から見下ろすと、垂直ですか?とビビります。
登りは登れても、下りがね~。私は結構平気でしたが。

友人YとはNZで知り合った。
彼女は、YOUさんと高木美保さんを足して2で割ったような、
トンチンカンで、すっとぼけてて、しかしズバリ物申す!といった感じ。
都立の養護高校の先生やってる。
夏はモンゴル、冬はNZへ逃げる、ということをここ数年やっている。
生徒達のことは、んもうかわいくってしょうがないのよ~!ということは話を聞いてると
まる分かりなのだけど、とても偏ったお考えをお持ちの都知事、とか、
クレーマーと化した親、とか、仕事の出来ない同僚、とかのストレスに日々悶絶している。
そして、「ちょっと目を離してる隙に、呼吸が止まっちゃう子とかさ、
咳したら骨折れちゃう子とか、いるのよ~。」
「同級生が亡くなっても、修学旅行、行くんだよねー・・・」
などということを聞いていると、どんどん逃げなさい!!と思うわけであります。

生徒達のトンチンカンぶりを聞いていると、そりゃもうとてもかわいいのだけど、
友人Yもそのトンチンカンを大いに引き出していると思われる。
今年の1学期は、授業にジュリア・ロバーツを招いたらしい。(一応英語の先生)
当然自分が扮する偽ジュリア・・・。しかも
DJ OZMAのようなクリクリ金髪カツラをかぶって、平然とジュリア・ロバーツです。
と授業をするらしい・・・
「あなた、それって全然ジュリアじゃないじゃん。せめてストレートのカツラにすれば?」
「いいのよ、金髪なら何でも」と言い切る友人Y。
しかし、どうもあのジュリアはおかしい・・・と気付かれたのか?
2学期はもうジュリアは呼ばないらしい。ぷぷぷ。

そんな友人Yと遭遇した、「人っていいな、改心」事件がこの後起こるのであります。
また書くかも。

コメント
この記事へのコメント
「人っていいな、改心」事件の前にも、
こんな大変な「急流(坂)すべり」を体験
してたんですね。

波乱万丈な1日、ご苦労様でした。
2007/09/27(木) 22:00:56 | URL | ゆきこ #-[ 編集]
波乱を呼ぶ・・・
>ゆきこさま
そーなんです。この後にあんな事があるなんて・・・。
この急坂下りが「本日のハイライト」であろうと思っていました・・・。
2007/09/29(土) 00:08:18 | URL | Lutea #m1yWpcr.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
高木美保・東京都葛飾区|時点=|身長=|体重=|血液型=A|バスト=|ウエスト=|ヒップ=|カップ=|股下=|靴=|身体備考=|デビュー=1984年|ジャンル=俳優|女優|活動備考=|他の活動=タレント|}}高木美保(たかぎ みほ、1962年7月29日 - )は、女優。現在は、コメンテ
2007/10/05(金) 10:47:09 | ももかの部屋
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.